ANTOR-JAPANのオセアニア・南太平洋最新記事とアーカイブです。


by gopacific

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アーカイブ

f0184391_1736619.gif

f0184391_17364659.gif
ニュージーランド政府観光局


クライストチャーチの2大フラワーフェスティバル

いよいよクライストチャーチでは、街中がお花いっぱいに包まれる華やかなシーズンを迎えます。

2月中旬から行われる「フェスティバル・オブ・フラワーズ」では、街の中心は美しい花々で彩られ、ガーデンシティ・クライストチャーチの雰囲気を満喫できます。

3月には、南半球最大の花の祭典「エラズリー・インターナショナル・フラワーショー」が催され、ガーデニング愛好家達が各地から訪れます。広大な敷地内には有名なガーデナーがデザインした個性豊かなガーデンが出展され、園芸関連のブースだけでなく、フード&ワインなども楽しめます。

お花好き、ガーデニング好きの皆さん、この2つのフェスティバルはぜひお見逃しなく!

フェスティバル・オブ・フラワーズ
日時:2010年2月19日〜3月14日
http://www.festivalofflowers.co.nz/
※2010年2月19日〜2月28日の期間中、23メートルのフラワーカーペットがクライストチャーチ大聖堂内に展示されます。

エラズリー・インターナショナル・フラワーショー2010
日時:2010年3月10日〜14日
会場:ハグレー公園 北側
http://www.ellerslieflowershow.co.nz/
※チケット発売中
f0184391_17435424.jpg

[PR]
by gopacific | 2010-01-08 18:02 | ニュージーランド

アーカイブ

f0184391_374526.gif

f0184391_38216.gif
オーストラリア政府観光局


世界遺産ウルルに新たなサンライズ・ポイントが誕生!

世界中の観光客を魅了し続ける世界遺産・ウルル-カタ・ジュタ国立公園に、この秋、新たなサンライズ(日の出)ポイント「タリングル・ニャクンジャク」がオープンしました。

アボリジニの言葉で「砂丘から眺める場所(place to look from the sand dune)」という意味のタリングル・ニュクンジャクは、旧サンライズ・ポイントの約2.5倍に相当する3000人収容と規模を拡大。全長1.1キロメートルの散策路のほか、日中の強い日差しの中で休息できる日陰シェルターや、十分な収容規模の駐車施設を備え、日の出だけでなく日の入りまで一日中、刻一刻と姿を変えていくウルルの景観を、快適な環境の中で楽しむことができます。

タリングル・ニュクンジャクの詳細はこちら(英語)をご覧ください。
f0184391_17214857.jpg
ウルルで眺める日の出は絶景

[PR]
by gopacific | 2010-01-08 18:01 | オーストラリア

アーカイブ

f0184391_374526.gif

f0184391_38216.gif
オーストラリア政府観光局


シロメワイナリー水曜日限定
送迎付き半日ワイナリーツアー


ゴールドコーストきってのワイン酒造であるシロメワイナリーが、水曜日午後のみ送迎を含む半日ツアーを開始しました。11時15分にワイナリーに到着し、ワインテイスティングなどを経て、あとは14時15分の出発時間まで基本的には自由行動。事前に予約すればオプションであるガイド付きのワイナリーツアーや、人気レストラン「ラーリーンズ」での食事もできます。

レンタカーで利用する人などには、運転を半日休んで皆でテイスティングに行けるので便利。ちなみにこのツアーに参加せずとも、セラードアでは毎日5ドルで8種のワインを試飲出来るワインテイスティングを行なっています。

ワイナリーの詳細はこちら(英語)をご覧ください。
f0184391_17403820.jpg
どこまでも続くワイン畑

[PR]
by gopacific | 2010-01-08 18:01 | オーストラリア

アーカイブ

f0184391_374526.gif

f0184391_38216.gif
オーストラリア政府観光局


オージーと触れ合いながら海で遊べる
ゴールド・コーストのビーチクラブ


ビーチでの安全を守るライフセーバーやライフガードはもちろん、海好きのオージーたちが集まるのが、各ビーチにあるビーチクラブ。日本のような海の家がないオーストラリアですが、ビーチクラブはそんなオーストラリアのビーチで欠かせない存在です。海の見えるレストラン&バーがあり、ロッカーや更衣室があり、サーフボードやブギーボードのレンタルも可能だったりするのです。

ビーチクラブはオーストラリア各地にありますが、日本人観光客がとくに利用しやすいのがゴールド・コーストのサーファーズパラダイス・ビーチにある「ノースクリフ・サーフライフセービングクラブ」です。

2010年3月31日までの夏季の間は日本語スタッフが常駐していて、クラブ内施設やレンタル器具等の利用に関するサポートをしてくれます。また、日本人観光客向けには毎朝9:00からライフガードと一緒にビーチウォークが楽しめたり、10:00と14:00からはスタッフと一緒にビーチバレーやビーチクリケットが楽しめたりもします。有料でサーフィン&ボディボードの個人レッスンも受けられます。

ビーチ文化はオーストラリア観光の大きな魅力。明るく陽気なオージーとふれ合いながら、真夏の太陽をお楽しみください!

ノースクリフ・サーフライフセービングクラブの詳細はこちらhttp://fofa.jp/aussie/c.p?c2bXYIm64AK(英語)。

ビーチクラブの詳細はこちら(日本語)
f0184391_17361925.jpg

[PR]
by gopacific | 2010-01-08 18:00 | オーストラリア

アーカイブ

f0184391_255408.gif

f0184391_15371410.gif
マリアナ政府観光局


北マリアナ諸島「米国入国審査料」導入のご案内

北マリアナ諸島(サイパン・テニアン・ロタ)では、2009年11月28日よりグアム−北マリアナ諸島ビザ免除プログラム(Guam-CNMI Visa Waiver Program、以下GCVWP)が施行されました。

これに伴い、入国審査料(7米ドル)が新たに徴収されることになり、料金は航空券を購入する際に航空券代と併せて徴収されます。パッケージツアーの場合は主催する旅行会社にお問い合わせ下さい。

新たなビザ免除プログラムの概要は以下の通りです。

▼目的地:サイパン(テニアン・ロタ含む)、又はグアムのみ
▼GCVWP参加国の国籍で、それらの国で発行されたパスポートを所持していること
▼パスポート:基本的には帰国日まで有効なもの(残存に余裕のある方が望ましい)、IC旅券、または機械読取式パスポートであること。
▼滞在可能日数:45日以内
▼譲渡不可で、出国日が北マリアナ諸島あるいはグアムに入国した日から45日を超えないことが確認できる往復の航空券を所持していること
▼入国時の必要書類:I‐736、I-94、通関申告書(変更なし)
▼ESTA:不要
[PR]
by gopacific | 2010-01-08 17:38 | マリアナ